2020年01月02日

往路

・・・順天堂大学往路14位・・・

他大学のスピードについていけなかったという事に尽きるのではないでしょうか。みんな走りは花丸ではないが、悪くはなかった。しかし結果はこの位置・・・この一年底上げが進んだと思っていましたが、靴効果でタイムがあがっただけで、それは他大学も同じだったという事なんでしょうね・・・

1区18位 原田宗広 01:03:43
>早々に集団から離れ、マイペースでいった判断は悪くなかったと思う。しかし他が速すぎた。区間記録ペースで集団が行くなんて誰が想像するんだ・・・原田にとっていい経験になったと信じたい。50点!

2区16位 藤曲寛人 01:08:29
>区間下位からのスタート、その中で68分台の走り、それに文句をどうつければいいんだ。区間順位は周りが速すぎただけ。80点!

3区10位 橋本龍一 01:03:03
>タイムは悪くないんだが・・・ここで大きくジャンプアップの筈だったんですが、流れを変える走りにはならなかったのは残念。4年間主力を張ってくれて有難う。60点!

4区9位 野口雄大 01:02:46
>ケガかと心配しましたが、1区じゃなくてもやれるところを魅せてくれた。来年はエースに成長して2区を走ってもらいたい。80点。

5区14位 真砂春希 01:13:51
>一番の不安区間でしたが、持っている力通りには走ってくれたんじゃないかと。よくもわるくもなく、50点!


復路に主力を残しているとはいえシードまで2分44秒は厳しい。東洋とかは抜けないだろうし、7位の創価くらいまでは食えないとシードは厳しそう。そうすると4分18秒は詰めないといけない訳ですが・・・

清水−小畠−人見(→西澤)−鈴木−吉岡(→澤藤)
リザーブ
高林 野田 澤藤 矢野 西澤

8,9,10区のうち2つに澤藤、西澤が投入されるかと。誰が走ってもそれなりに期待できる層の厚さはあると思う。みんな期待通りに走って、シードに届かなければもう仕方ない。とりあえず清水は58分台出して成長した姿を見せてくれ。


優勝争いは・・・東海も悪くなかったんですが、青学が想定以上でした。まさか相澤の記録が1年で破られるとは。東海圧倒的有利とか言っていた人は丸坊主ですね、ええ。復路、青学有利に見えますが、走ってみないとわからないことを改めて今日学んだので、予想しないで見守ろうと思います・・・

【関連する記事】
posted by 黒部ゴーロ at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。