2016年12月31日

2017箱根

今年もあと数時間です。箱根駅伝が間近に近づいて来ました。
中国から帰任となり、来年は5年ぶりに日本で観戦することが出来ます。

優勝争いですが、本命青学、対抗早大、駒大、東洋大・東海大・・・と言われていますが、今年は優勝争いもなく、青学鉄板といえるように思います。一色・田村と核となる選手がいて、層の厚さも5000m13分台14人と圧倒的。唯一の懸念は神野が抜けた後の山登りですが、この層の厚さの中から選ばれている貞永ですから、神にはなれずとも、崩れる事は無いでしょう。。
青学の強さもそうですが、他大学には青学を超えられる戦力が揃っていない。駒不足で10区間の中に懸念区間がどうしても出てきてしまう。その中では早稲田が一番可能性がありそうですが・・・。


我が順大は、優勝争いは厳しいですが、エース塩尻を軸に戦力が整い、今年は楽しみです。シードはまず大丈夫でしょう!

<順大>
西澤−塩尻−野田−栃木(←吉岡)−山田
橋本−花澤(←難波)−金原−聞谷−作田(←中村)
リザーブ
甲斐 森 作田 栃木 花澤 馬場

 4区10区の当日変更は間違いなし。6区は昨年一昨年の経験者森が入るかもしれないが、最近の森の記録の惨状を見ると、橋本のままの気がする。
7区の難波はそのままかも、故障・病気続きで出場できていない花澤にはぜひ出場して欲しいが・・・
5区は甲斐が入るかもしれないが、山田にしろ甲斐にしろ、神にはなれないので、我慢の区間となりそう。

1区西澤には去年の再現で先頭から1分以内で何とかつないでほしい。
2区塩尻には1時間7分台の爆走を期待したい。。。
3区野田は期待の1年生、区間1桁で走ってくれれば。
4区栃木は今年は流れを変える走りで順位を上げてくれる筈。
5区は・・・区間一桁で何とか・・・

往路は何とか10位以内でまとめてほしい。そうすればシードは大丈夫でしょう。
10区に主力の作田を残せているのは戦力の厚みの証。目標順位は5位以内、頑張れ!
posted by 黒部ゴーロ at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。