2014年02月12日

新HSK6級 217点 合格相当

新HSK6級の結果が出ました。

HSK6级.jpg

217点で、無事合格(相当)でした。仕事の傍らの勉強で2年半でここまでこれるとは思っていなかったので、うれしい気持もありますが、点数的にはやっぱり悔しい。8割は取りたかった。

私はこの模擬問題集を使用し、勉強して、目標を立てたのですが、実際の問題とは難易度が結構違う。(でも、勉強にはとても役立つ問題集だと思います。)

b.jpg


<目標との比較>

聴力 目標70点 結果64点
>模擬問題集より遥かに難しかった。聞き取れた単語の選択肢を選べばいいと思っていたのですが、それだけではだめな問題もあり、そもそも選択肢の単語すら聞き取れなかったり。悔しい。

閲読 目標66点 結果82点
 1部分 2/10問 → 4点目標
>全部適当にマークする予定でしたが、時間が少し有ったので4問くらいは解いた。合っていたかはわからない。残りは全部「3」を選んだ。
 2部分 4/10問 → 8点目標
>ここの難易度も高いと思っていたのですが、実際の試験問題の難易度は模擬問題集よりかなり簡単だと感じた。似たような意味の単語が並んでいるというより、明確にこれだ!と分かる空欄が結構あるので。82点という結果を見ると、7割くらいは正解したんだろう。
 3部分 10/10問 → 20点目標
>ここは模擬問題集どおり。82点だった事を考えると全問正解だったはず。
 4部分 17/20問 → 34点目標
>ここも模擬問題集どおりの難易度。時間配分だけが問題。

書写 目標60点 結果71点
>文章を読むのは6級を受ける人であれば問題ない。私の場合、文章を読んだ後、あまり時間で自分では書けない単語や使えない単語で、自分が書く時に使いたいものを死ぬ気で覚え(弓使いが太陽を射る話だったので、「弓使い」とか「打ち落とす」とかの中国語を必死に覚えた)、あとは難しい文法は使わず、事実を淡々と短い文章で書き連ねた。それで71点。満点に近い点数を取るのはかなり大変だと思いますが、6、7割であれば、そこまで書く能力は必要ないと思う。

 
 ちなみに合格(相当)と書いたのは、合格ラインが最近消滅したことを知った為です


cHSKgoukaku.jpg

(要訳:HSKを採用とかに使う皆さんをより満足させる為に、5級と6級の成績報告の仕方を変更します。2013年から合格ラインを廃止し、報告書の「合格」の文字をなくします。だから自分で必要点数を決めて採用とかに役立ててね。)
 

 わかりにくいの一言。180点合格でいいじゃない。240点ないとっていう企業は勝手に240点を基準にすればいいじゃない。

 今回の結果は悔しいので、またリスニングを磨いてから、改めて受験しようと思います。



posted by 黒部ゴーロ at 01:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする